相続・遺言・成年後見

 
トップ > 相続・遺言・成年後見

不動産に詳しい相続の専門家

REAL ESTATE INHERITANCE EXPERT

 
相続・遺言についてさざれ事務所がサポート

相続は、一生で何度も経験するものではありません。大切な方が亡くなられ、お気持ちも動揺されている状態です。わからないことばかりで、不安やお悩みになられると思います。
 
当事務所では、相続人・相続財産の調査、遺産分割協議書の作成などといった相続手続きの他に、不動産に詳しい
コンサルタントとして、相続財産の不動産について、その価値や売却方法、有効活用など提案することができます。
もちろん、ご相続人様のお気持ちも配慮した上で、ご提案致します。
 
不動産のコンサルティングができる相続の専門家は、そう多くはありません。不動産については、不動産屋さんに
相談するケースが多いかと思われますが、当事務所ではコンサルティングをすることが業務ですので、「中立的な
立場」で提案ができるといったメリットがあります。不動産の対策も含め円滑な相続の手続きができるようお手伝いさせて頂きます。まずは、お気軽にご相談下さい。

相続は、一生で何度も経験するものではありません。大切な方が亡くなられ、お気持ちも動揺されている状態です。わからないことばかりで不安やお悩みになられると思います。
 
当事務所では、相続人・相続財産の調査、遺産分割協議書の作成などといった相続手続きの他に、不動産に詳しいコンサルタントとして、相続財産の不動産について、その価値や売却方法、有効活用など提案することができます。
もちろん、ご相続人様のお気持ちも配慮した上で、ご提案致します。
 
不動産のコンサルティングができる相続の専門家は、そう多くはありません。不動産については、不動産屋さんに相談するケースが多いかと思われますが、当事務所ではコンサルティングをすることが業務ですので、「中立的な立場」で提案ができるといったメリットがあります。不動産の対策も含めた円滑な相続の手続きができるようにお手伝いさせて頂きます。まずは、お気軽にご相談下さい。

遺言作成のサポートを致します

WILL MAKING SUPPORT

遺言の大きな目的は、無用な争いから大切な家族を守ることです。
争いを避けるため、ご自分の思うように財産を分配するためにも、遺言書の作成は、重要なことと思われます。

遺言内容は基本的に自由ですが、遺言は法律に従った方式でなければ、効力を持ちません。主な方式としては、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言があります。それぞれにメリットデメリットがありますので、法的効果も含め、専門家に相談することをおすすめ致します。

当事務所では、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言すべてのサポートや原案の作成を致します。法務局で遺言書を保管し、検認が不要な自筆証書遺言保管制度のサポートや遺言執行者として指定して頂くことも可能です。
また、不動産のコンサルタントでもあるので、遺言作成にあたり、様々に関連する不動産のご相談事も何なりとお申し付けください。まずは、お気軽にご相談下さい。
 

もしもに備える任意後見

ARBITRARY GUARDIANSHIP

成年後見とは、精神上の障害(認知症、知的障害、精神障害など)によって判断能力が欠けている方を保護し、支援するための制度です。
成年後見には、法定後見と任意後見があります。
法定後見とは、判断能力が低下してから家庭裁判所に申し立てるものです。
任意後見とは、十分な判断能力があるうちに、将来に備え、本人が選んだ代理人に財産管理・療養看護等の代理権を与える契約を公正証書で結び、判断能力が低下したら後見が始まるものです。

任意後見契約以外にも、判断能力低下前から財産管理を始めておく契約(財産管理等委任契約)や本人の健康状態など定期訪問して見守る契約(見守り契約)や葬儀など死後の事務を委任する契約(死後事務委任契約)などもあり、任意後見契約と合わせることもできます。

当事務所では、任意後見契約など各種契約のサポートや原案の作成を致します。任意後見人として指定していただくことも可能です。
また、おひとり暮らしの親御様を見守るサービスも行っております。
下記サイトにございますので、よろしくお願い致します。
まずは、お気軽にご相談下さい。

さざれ見守りサービス
https://sazare-jimusho.wixsite.com/mimamori
 

 
成年後見についてさざれ事務所がサポート